アウディA5の気になる情報をQA形式でまとめてみました。

新車を40万円安くするノウハウ
アウディA5(アウディ)
アウディA5レビュー

優美なクーペの誕生

美しいデザインが目に留まるアウディA5。
機能性も高く人気の高いクーペとなっている。

 

価格 人気グレード 値引き額の目安
598万円〜1,226万円 Coupé 2.0 TFSI quattro 15万円
エコカー減税 燃費
50% 17.18万円 カタログ燃費:14.4 km/L、ユーザー実燃費:9.3km/L

 

質問値引きはどれくらい期待できますか?

15万円くらいです。人気が高いモデルなのでこれ以上のディーラー値引きは難しいと予想されます。より高い値引きを期待するならディーラーと交渉前にこちらの方法をご確認ください。

質問エコカー減税はどれくらいですか?

50%減税になります。価格にすると17.18万円になります。

質問エアロ対応はどうですか?

アウディではモデル別に純正のアクセサリーを販売しています。A5の場合はリヤスポイラー、サイドスポイラー、スポーツテールパイプフィニッシャー、キセノンヘッドライトバルブを装備変更できます。

質問乗り出し価格はいくらですか?

人気グレードの2.0 TFSI クワトロSラインの場合、車体価格の638万円に加えて、自動車税や登録・諸費用等を加味して650万円くらいでしょう。

質問燃費は良いですか?

カタログ燃費で13.6Km/Lで良いといえます。ユーザーからも評価が高いです。エンジンなどの改良により燃費向上は実現しており、その証拠にエコカー減税対象者にも認定されています。

質問クーペって何ですか?

2ドアの車のことを言います。車の後部が緩やかなカーブを描いているのも特徴で、このA5も美しいデザインとなっています。

質問人気グレード2.0 TFSI クワトロSラインの特徴は何でしょうか。

ダウンサイジングターボや7速Sトロニック、独自の可変バルブ制御機構を採用し、よりパワフルな走りをこなしてくれます。

質問同時に発売されたのA5カブリオレとは?

オープンカーです。クーペと異なり屋根が開く形のボディの車です。

質問クーペとカブリオレ、どっちの人気がありますか?

多様なシーンに対応できるクーペの方が人気があります。やはりオープンカーであるカブリオレは、用途が限定されてしまうからでしょう。しかし、カブリオレを購入したユーザーからの満足度は高いです。ご自分のニーズに合わせて選びましょう。

質問セカンドカーとして所有するのが良いでしょうか。

十分ファーストカーとして利用できるモデルです。2人乗りということだけを了解していれば、全く問題ありません。走りもしっかりしている上に、小回りも効きます。

※質問は随時追加します

支払い総額を少なくしてアウディA5を安く手にいれる

いきなり結論ですが、支払い総額を抑える方法は今乗っているクルマの下取り額をUPすることです。

 『いや、自分の車は10年落ち&10万キロオーバーなんで、値段が付かないのでは?』

と思っている方。大丈夫です! 高年式車でも高値で下取りしてくれるサービスがあります。
例えば古いカローラでも40万円以上の査定額になったりもしています。
車種にもよりますが、ディーラー下取りと比べると数十万円違うこともあるので
現状の下取り額がいくらになるかチェックだけでもしてきましょう(所要時間も3分程度です)
下取り差額だけでアウディA5のエアロやホイールなどが購入できるかもしれません。

↑車検証が手元にあると便利です

>>簡単1分一括査定はこちら

 

ところで、このうようなオンライン査定サービスは何でこんなにも高値で買い取れるのか不思議に思うかもしれません。その理由はボロ車であっても頑丈で人気の日本車は発展途上国でのニーズが高く十分に高値で売れるからだそうです。

そして、上のシステムだと買取り業者が複数参加するため、あなたのクルマに対し、一番高い査定額を提示してきた業者に売ることができるため利用価値が高くなります。不要なクルマを大切に乗ってくれ、しかも高く売れるのであれば気持ちよくアウディA5に乗り換えられますしね。

   

A5は、2ドア車として最高のパフォーマンスを発揮してくれる。コンパクトなボディからは想像できない力強い走りは独自のクアトロという車両から実現している。また、インテリアも凝っている。車との一体感があるシートの作りは、人間工学により科学的に設計されている。よりワイルドなドライブをしたいというニーズに応えるべくA5ではカブリオレも展開している。天井が開閉できるオープンカーとなっていて、ドライバーの心を揺さぶる。そして、何といってもA5の醍醐味はその卓越したデザイン性にあり、高い支持を得ている。コンパクトにまとなった後部の緩やかな曲線やシンプルながら異彩を放つヘッドライド、サイドミラーなどすべての要素が見事にミックスされています。まさに、アウディの集大成となっている。

新車を40万円安くするノウハウ